自費出版をする前に

自費出版をする前に

このサイトでは、自費出版を行う際に役立つ知識や、出版までの流れ、疑問・質問などを幅広く解説しています。
出版するまでのやり方は?出版社との関係は?印税はどのようになるの?普通の出版と何が違うの?など基本的なところから、しっかりと説明しているのが特徴です。
「自費出版に興味があるけど知識が無い」「なんだか難しそうで分からない」そんなお悩みを解決し、失敗やトラブルにならないために必要不可欠な情報をお届けしています。

自費出版とは

自費出版とは 自費出版とは字のごとく、著者が出版にかかる費用を負担して本を出版することです。
一般的な書籍等は、出版社が費用を出して作り、取次業者を経て書店で販売されます。
自費出版の特徴は、そうした本来なら出版社が負担する費用を自らで出し、執筆・編集・印刷・販売を行う点にあります。
費用を自らで出す分、内容は自分の好きに書くことが可能なところも特徴です。
また共同出版と言われる、出版社が費用を一部負担して行うものもあります。
利益は見込めないが、著者が費用を出すことで出版を可能にするものであり、協力出版と呼ぶところもあります。
最近では商業出版社でも自費出版の取り扱いや、インターネット上で電子版の出版も可能になりました。

自費出版の仕組み

自費出版の仕組み 自費出版とは、著者がその制作費用を負担して書店に本を置いてもらうものです。
製本料金などを全て自分で賄うために、相当額の費用が必要となるのが特徴です。
そして販売するにあたり、自分で本屋に売り込む必要もあります。
出版不況とは言われますが、出版数自体は膨大な量があるために、簡単には販売スペースを確保できない点には注意が必要です。
そのために、自費出版はどの出版社に頼むのかも大事なポイントになります。
通常の出版社とは異なり、自費出版の 場合は本を制作するだけで出版社には利益が入る仕組みとなっています。
そのために書店への売り込みをきちんと行ってくれるような出版社を探すことが必要です。
自費出版は売れればその分だけ著者に売り上げが入る仕組みとなります。
売れなければ制作費用の分だけ赤字となるわけです。
商業出版社は売れなければ自分達の利益が確保できませんが、自費での出版となれば制作した時点で利益は確保されます。
そのために基本的には著書に対してコメントを入れたり赤字修正をすることはありません。
つまり著者自身が内容をしっかりと推敲し、誤字脱字などのチェックも行う必要があります。
手間がかかりますが、ヒットすれば大きな利益が入るものでもあります。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「自費出版」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@GehasstTag 河村さんおは〜*\(^o^)/* ちゃんと見た? 写真集じゃなくて猫拾いね 栗拾いとかみたいなやつ 河村さんが自費出版で出してくれるならお願いするわ🙏🏻😍

Twitter umiusagi88 うるとらきちせはん

返信 リツイート 46分前

河村さんおは〜*\(^o^)/* ちゃんと見た? 写真集じゃなくて猫拾いね 栗拾いとかみたいなやつ 河村さんが自費出版で出してくれるならお願いするわ🙏🏻😍

Twitter umiusagi88 うるとらきちせはん

返信 リツイート 50分前

自費出版をお考えの方、ウィズダムブック社にご相談ください! 編集、デザインを少数精鋭で行うため、大手では絶対できない料金設定と細やかなサポートを実現しました。まずはお気軽にご相談ください。

Twitter wisdombook2015 ウィズダムブック社

返信 リツイート 8:18

ツクリテ工房誕生秘話その①   2018.4.24に発行された“はぐくみおやこ絵本”という自費出版の絵本紹介冊子、ご存知でしょうか?   ご存知ない方は、こちらからどうぞ⇒hugcafe.amebaownd.com/pages/1710132/h...   その出版記念イベント(2018.6.16はぐくみおやこフェスタ@ヒシガタ文庫)での、親子向け絵本ワークショップに話はさかのぼります。 イベントの模様はこちら ⇒https://ameblo.jp/makiko-hugcafe/entry-12384281549.html   この...

RT @omochitecture: うちの近所の古事記と宇宙の研究してる異常ジジイは普通に「先生」と呼ばれてそれなりに尊敬され配った自費出版本をありがたがられてるので不思議だな〜と思ったけど秘密は社交性っぽいな

こういうの見るとやっぱ創作は自費出版に限るわ…ってなっちゃうよなぁ

Twitter Jony_Avion ジョニー@アビオン村

返信 リツイート2 5:57

(詩歌の世界では原稿料なしが当たり前で本を出すときは99%が自費出版)(そういう慣例がいやだったから詩歌の雑誌に原稿料なしで原稿を頼まれて引き受けたことがほぼありませんし)(自作を商業出版するために四苦八苦してきました)(でも事情を鑑みてノーギャラで仕事したことは何度もあります)

Twitter masunobot 枡野浩一のbot

返信 リツイート 4:32

「ありますよ!俺の母方のじーさんが自費出版した本です!」

Twitter _3Zhijikata_ 3Z 土方十四郎

返信 リツイート 2:51

なんや、最近は特に出版社絡まないコンテストが流行りなの? 危険だなぁ。クラウドファンディングや自費出版、ネット通販のコンビネーションが上手くいけば出版社ナニソレ美味しいの?が小説でも起こり得そう。 出版社はシステムや権威じゃなく人財力がこれまで以上に必要だと思う。怪物な独立するよね

Twitter marisyasxxx マリシャス@あべこべ小説書いてたり

返信 リツイート 1:26

仕事はやらなきゃいけないから助かる。 自主制作の自費出版(同人誌)なて…「ここまでに!」というボーダーがないから、どこまでもネーム悩んでしまう。 もう「悩む」は贅沢品だね。 瀕すれば悩まないもんね。 貧すれば働くし。

Twitter takieisuzu 瀧江いすず(絵描きで占い師

返信 リツイート 0:54

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.