自費出版をする前に

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方 自費出版で得た収入には、所得税が発生します。しかし損をしてしまうケースもあるので注意が必要です。まず所得税とは所得に対してかかる税金なので、支出が収入を上回ってしまった場合は、基本的に課税されません。ただし自費出版による収入は、10種類の所得の中でも雑所得に分類されており、損益に関係なく税金がかかってきます。
そのため収益から経費を引いてマイナスになってしまった場合でも、税金が発生します。また勤めている人なら会社側が年末調整を行ってくれますが、出版で得た雑所得を会社が処理することはないため、自分で申告することになります。
この雑所得に分類されるのは自費出版による収入だけでなく、著作権の使用料収入なども含まれ、常に所得税の申告が必要です。
しかし、給与所得や退職所得を除いた所得が20万円以下の場合は、申告する義務はありません。
つまり自費出版による収益が20万円に満たないなら、申告は必要ありません。

自費出版の本の売り上げに関する税金について

自費出版の本の売り上げに関する税金について 自費出版で出した本が、無事人の目に留まり、購入してもらえるようになると売上や、印税(利益)が発生するようになってきます。
となると、ここで絡んでくるのが税金の問題。本の売り上げに関する税金について、簡単に説明させていただきます。
結論から申し上げますと、自費出版の本によって利益が出ていた場合、その利益に対して税金を払わなければなりません。
厳密には確定申告が必要なレベルでの利益が出ていた場合には、その申告、納税の義務が発生する、という形になります。ここでポイントとなってくるのは、利益が課税対象になる、という点です。自分に入ってきたすべてのお金に対して課税がなされるわけではなく、そこから出版にかかった経費を引き、なお(一定金額以上の)黒字であった場合には税金支払いの義務が発生する、という形になります。
特にウェブではなく紙媒体で出版を行った場合には多くの経費がかかりますので、総合で赤字なのに支払わなければならない、ということではありませんので、ご安心ください。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 税金」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@koza_sake 小さく見せてるだけやと思うで営業利益の割に資本金が少なすぎるから税金と買収対策ではないすかねあとネット関連のシステム投資費ちゃんと出してるっぽいからあんま紙出版にやる気ないだけちゃいますかね

Twitter 5MYUI 在月 ゆい#5/16誕生日

返信 リツイート 昨日 21:03

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter Nouzei_A (非公式)芦屋納税

返信 リツイート 昨日 17:13

先進美術館に国の税金が使われて行われることに美術館や出版社サイド、アーティストがざわついている。 市場価値というのは確かに重要な価値観だが、よく分からないことになりつつある。

Twitter apls22 🇫🇮🇩🇰🇸🇪

返信 リツイート 昨日 11:45

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter Nouzei_A (非公式)芦屋納税

返信 リツイート 昨日 5:13

まとめ: ❶出版社含め多くの人が、ブロッキングは技術的に有効な海賊版対策ではなく政治的メッセージであると理解していなかった ❷ブロッキングは政府への「借り」となり、出版側は今後なにか譲歩する羽目になるだろう ❸ドワンゴは傾いたら税金に頼るつもりでは? 上記は全て個人の妄想です。

Twitter mishiki 未識魚 / 中川譲@5/5コミティア P16a

返信 リツイート31 昨日 3:53

別問題として『販売価格-手数料=出版社へのロイヤリティ』であり、紙の費用、印刷コスト、梱包費用、運送コスト、書店で販売に至るまでにかかる人件費、各コストに掛かる税金、…それらがカットされ、著作者も潤うと考えがちだが、著作者へのロイヤリティは紙媒体と同じのままのケースもあるらしい。 twitter.com/ShinyaMatsuura…

法定納本制度は画期的だと思う。本を義務的に納入して、図書館は著作権を保証する。税金は浮くし、蔵書は増えるしいい事ばかりなんだけど、本が出版される度に図書館に納入されるんだから沢山の本を保存できる環境がないと成立しないってのが難点なだけで利点しかなーい。でも日本でこれは無理だなw

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter Nouzei_A (非公式)芦屋納税

返信 リツイート 5/19(土) 15:13

修学資金やアイヌ政策で税金詐取した本人がアイヌ差別を本にするんだ?それに樺太アイヌって何ですか (砂澤陣  北原きよ子の差別体験出版に際し) #ainu #アイヌ

Twitter eyenew19 違星北斗の心

返信 リツイート 5/19(土) 15:11

次の新著は、一流ホテルで出版記念パーティでもするか。300万から500万ぐらい使えるだろ。で新聞広告に一回2000万ぐらい。何回も広告打ってもエエなぁ。税金対策。

Twitter MarketOhji へるしー王子

返信 リツイート 5/19(土) 14:16

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.